サムギョプサルや参鶏湯など韓国グルメは今や日本でも定番の食事になりました。成田からわずか2時間30分で行けちゃうソウル!ソウルに行くならぜひ行ってみたいのが市場!中でも東大門市場(トンデムンシジャン)はファッション好きの女性にはとくにおすすめのスポットなんです。

東大門ってどんなところ?


出典:flickr.com

東大門市場はソウル駅から地下鉄4号線で約9分、5駅の「東大門」駅を出た場所にあります。600年以上の歴史を持つ南大門市場に比べると比較的新しい市場です。「眠らない街」としても有名な東大門市場。その名の通り、真夜中でも昼間の渋谷のような人混みに驚かされます。市場といっても大きなビルが立ち並ぶ近代的な街です。東大門は大きく分けて3つ、小売りのビル・卸売りのビル・布地や革製品などの専門市場があります。それぞれに違った魅力があります。

若い世代に人気の小売りビル

「ミリオレ」や「Doota」などが小売りのファッションビルです。ソウルのトレンドアイテムが豊富にそろう若い世代に人気のエリアです。東大門に着いたらまずここでトレンドをチェックしてみるのもいいかもしれませんね。価格も比較的低めです。

業者の買い付けの様子がパワフルな卸売りビル

「デザイナークラブ」や「ヌ―ジョン」などのビルが卸売り専門のビルです。こちらは深夜には業者が大量に買い付けをしてトラックに積みこむ姿を見ることができます。そのパワフルさに圧倒されることも。卸売り専門ですが、小売りもしてくれますので行ってみる価値はありますよ。現金しか取り扱っていない店やクレジットカードの手数料を取られてしまうこともあるので現金を持参するのがおすすめです。試着室などがない場合が多いのでその場で試着している人も?!ちょっと度胸が必要かもしれませんね。返品対応をしてくれないこともありますのでサイズはしっかりと見て買うのが良いですよ。同じものでもお店によって価格が違うこともありますのでよく調査してから購入するのがおすすめです。

オーダーも!こだわり派におすすめの専門市場


出典:flickr.com

衣類副材料専門の市場「東和市場」や革製品専門の光熙市場 などが立ち並ぶのが専門市場である「平和市場」です。ハンドメイド好きな方なら布地や副材料がそろうこちらの市場がおすすめです。スワロフスキーやビーズ、レースなどの種類がとにかく豊富!何に使うかインスピレーションをめぐらすのも楽しいかもしれません。

「光熙市場」は革製品専門の市場です。牛革はもちろんムートンからスウェードまで様々な革製品が並びます。デザインもとても豊富でかわいいものばかり。日本のメーカーに卸しているお店もあり、日本人好みのデザインが豊富です。

また、セミオーダーはもちろん、フルオーダーにも対応してくれるのもうれしいポイント。デザインを持ち込んで素材や色から選ぶこともできるんです!既製品に比べると少し価格は上がりますが、日本で買うよりはかなりリーズナブルに作ることができます。サイズ感が重要な革製品はオーダーがおすすめですよ。簡単なものなら1日で完成しますが、帰国に間に合わない場合はEMSで送ってくれるので安心してオーダーができますよ。

ソウルに行くなら寝る間も惜しんで遊びましょう♪

昼間は観光を楽しんで、夜は東大門市場で朝までショッピング!東大門市場のミリオレには24時間営業しているボディヒーリングセンターもあります。朝までのショッピングに疲れたらこちらでマッサージを受けるのもおすすめですよ。せっかくのソウルは疲れを忘れて思いっきり楽しみましょう!